!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> リンデンバームのキッチンから:2013年07月 

京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2013年07月31日

桃のコンポートとラベンダーのジェリー



スイスで働いていた27年前の今日。突然4連休をもらった。

突然の4連休、折角だからスペインにでも行こうかと旅行代理店に行きチケットをとろうと思ったら

目の前で営業を終わられた。

仕方なく部屋に戻りベッドに横になったけれど、どうにも勿体ない感じがする。

よく考えれば此処はスイス。自転車でフランスに行くことだってできる。

地図を持ち出しひろげてみると、山(一応アルプスだけど)を越えるともうレマン湖畔。

そしてもう少し走るとフランスで、水で有名なエビアンがありそのまま行くとジュネーブ。

朝いちで出発すればゆっくり行っても昼過ぎにはエビアンに。

そして一泊して翌日ジュネーブに

そこから電車で町まで戻ればいい。

部屋で寝ていても仕方ないので早速翌日出発。

地獄のようなエンドレスの登りをひたすら登り、なんとか山越えに成功。

その後握力がなくなるほどのエンドレスのような下りを下り、レマン湖畔に到着。

しばらく走ると道端に紫色の花が咲いている。

何のは中自転車を降りて香りを嗅いでみるとラベンダーの香り。

その時代信じられないけれどラベンダーは日本では一般的ではなかったし

石鹸や香水なんかでしか嗅ぐ事はなかった。

だからとっても感激して何本かを胸にさして香りを楽しんだ。

だからかラベンダーの香りを嗅ぐとフレンチレマン湖のあの暑い夏を思い出す。

そんな思い出をタップリ詰め込んだデザート。

桃のコンポートにラベンダーの香りをつけたゼリー。

とっても爽やかで香り高い。

いかがでしょうか。限定10ヶです。

明日から販売します。  

Posted by jos at 21:37Comments(2)デザート