!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> リンデンバームのキッチンから:ギフト 

京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2011年07月18日

お中元



ヤレヤレでようやくお中元も落ち着きだした。

宅急便の担当さんとお中元のピークの話をしたら

昔は7月の第二日曜にデパートに買いに行くというのが普通だったらしい。

でも今の現実は違っていて大分遅くなってはいるらしい。

地方のソーセージ屋さんと話をしたら八月に入ってからも

お中元はあるからお盆までが忙しいのが続くと言っていた。

そんなもんかなー でも確かにいつも注文を受ける知人からは、まだだしどうなんだろう。

精神的に先が見えないとツライ。

京丹波町の肉屋さんが来店して肉やソーセージ、ハムの話をしていたらそこの肉屋さんが作っている

豚を安価で分けてくれはる事になった。

その肉屋さんは丹波牛の牧場も持ってはって丹波の食材を広めていきたいらしい。

その豚肉でソーセージ、ハムを作るとどうなるのか取りあえずやってみないとわからないけれど

良くはなっても悪くはならないだろうし、いい事なんだろうな。

お肉が変わると配合も若干は買えないといけないだろうし

お中元が落ち着いてもまだしばらくはノンビリ出来そうになさそう。

  

Posted by jos at 21:35Comments(0)ギフト

2011年03月22日

ギフトボックス



最近ギフト用にハムソーセージを買ってくれはるお客さんが増えてきた。

認めてもらったみたいでとっても嬉しい。

京都は和菓子屋さんが多くて昔からおつかいに使う事が多いためか包装に意匠を凝らしている。

最近では洋菓子屋さんも全国的にパッケージに凝っていて

もしかしたら中身よりもお金がかかっているんじゃないかと思うようなのも少なくない。

そんな中にあって食肉業界は遅れているのか

昔ながらのパッケージが多く、デザインって何。って感じ。

僕自身はそんな事を不思議に思っていたのと、うちのスタッフが女の子達で

デザインにうるさいからパッケージにも頑張っている。

前回の箱はお店を始めた時に作った物で元気のいいデザインだったけど、

新しい箱はフランス色と上品な感じを打ち出そうという事になり新しいデザインの箱を作った。

日本には日本の伝統色って言うのがあって例えば桜色、水色、萌黄色とかがある。

フランスにはフランスの伝統色がありその中にコションローズって色がある。

直訳すれば(子豚のピンク)なかなかに上品なピンクでチャーミング

それをベースに更に上品な茶色を差し色にしてゴチャゴチャとならないように2色でまとめた。

ピンクって微妙だから発色を間違うと下品な感じになるので心配だったけど

出来上がってきたのを見たら上品に仕上がっていたので安心した。

ラデュレとかの箱を思わせるけど、コションローズ(子豚のピンク)が

シャルキュトリーを主張してくれると思う。

この箱に入れるんだったらテリーヌとかが似合うのか。

買ったお客さんが喜んでくれはって、

又ギフトをプレゼントされたお客さんも喜んでくれはるといいなー。  

Posted by jos at 22:31Comments(0)ギフト