!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> リンデンバームのキッチンから:2009年02月26日 

京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年02月26日

ドイツ風グーラッシュ



くいしんぼうの会の小山さんの本を出版される教材社さんが

本の取材にお昼来はったんでグーラッシュを作った。

付け合わせは、昨日の書いたステアフライにしたシュペッツリです。

グーラッシュは、もともとハンガリーの田舎料理で田舎料理やから

豚肉とか使役に使った歳をとった牛とかで作ったんやと思う。

それがハプスブルグ家に支配されて オッこの料理なかなか美味しいやん て事で

軍隊なり宮廷なりがヨーロッパ中に広めたんでしょね。

だからもちろんドイツや、イタリア、フランス、スイスと周辺諸国にあって、

それぞれの国でそれぞれに変化してるんでいろんな作り方もある。

スイスでつくってたんは、牛肩ロースでやってた。

フランスでは、牛ヘレで作ってたし綴りもGULYAS de Boeufやった。

スイスは、GOULASHやしハンガリーはGULYASIって書いてた。

基本は、パプリカたっぷりて事やけど、イタリアのレシピーは、やっぱりトマトの分量が多いし

スイスは、仕上がりにキャラウェイシード入れたりしてたんで変化のバリエ―ションあるんでしょね。
  

Posted by jos at 23:09Comments(2)料理メニュー